Chateau La Mission Haut Brion シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン

オー・ブリオンと双璧をなすグラーヴ特級シャトー!

  ラ・ミッション・オー・ブリオンは、道を1本はさんでオー・ブリオンと向かい合うオー・ブリオンの兄弟にして最大のライバル。この二つのシャトー、もともと畑の区画がシャトー間で交錯しており、オー・ブリオンの大部分の畑は、ラ・ミッションの畑に沿うように横たわっているのです。 それほどオー・ブリオンに近く、ワインの質も劣らないラ・ミッションは、ヴィンテージによっては、オー・ブリオンを超えることもしばしば!事実、1982年、1989年、2000年と、パーカーポイント100点を獲得しています。その実力はほぼ互角と言って間違いないでしょう! しなやかでエレガント、女性的と言われるオー・ブリオンに対し、ラ・ミッションは味わいが力強く重い男性的なスタイルです。がっしりとした骨格のワインですが、熟成とともに驚くほど丸くなり、女性的に変化していくのが特徴のワインです。

 【ラ・ミッション・オー・ブリオン】の始まりは17世紀です。「ラ・ミッション」の修道会のメンバーの為のワイン造りが始まりです。フランス王政の基礎を築いたとして有名なリシュリューは「神が酒を飲むことを禁じていたら、このような良質なワインをつくったであろうか?」 と述べており、当時から上質なワインを造っていたことがわかります。何度か所有者の変遷を経て、1983年にはついに、お隣のオー・ブリオンを擁するディロン家がラ・ミッション・オー・ブリオンを購入しました。ディロン家は、古い貯蔵倉庫の改装から始まり、新しい施設の建設、 コンピュータプログラムによって管理される製造ラインの設置など、潤沢な資金により抜本的な改革を行っています。
 また、新樽率を100%に引き上げ、1992年からはセカンド・ワインの【ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オーブリオン】をリリース。質の高いブドウをさらに厳選できるようになり、近年さらに評価は高まっています。
 ダークルビーカラーの外観。黒系果実の濃縮された果実のアロマとハーブ、マッシュルーム、ミネラルのヒントがミックスされた、優雅でうっとりするアロマ。いつまでも続くシガーや豊潤なフルーツの複雑なアロマ。口に含むと、官能的なリッチでジューシーな果実味を堪能でき、丸くて甘いタンニンが極上の余韻をもたらします。非常に凝縮感のあるワインですがしっかりとしたボディの中に洗練されたしなやかさとエレガントさを感じられます。深く余韻が長く続きます。

■Information
●生産国フランス
●地域ボルドー地方 / グラーヴ地区 / ペサック・レオニャン
●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン48%、メルロー45%、カベルネ・フラン7%
●タイプ赤・フルボディ・辛口 
●醸造・熟成
●内容量750ml
●オーガニック等の情報 
●コンクール入賞歴  
●ワイン専門誌評価  
●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。
●備考【*ご注文の前にご確認ください*】
●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。
●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。
●注文個数によりお届け日が変わることがあります。
●通常2~3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。
●輸入元

大きな取引 Haut Mission La Chateau [1987] シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン Brion ワイン】 【赤 [1987]-グラーヴ


大きな取引 Haut Mission La Chateau [1987] シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン Brion ワイン】 【赤 [1987]-グラーヴ






大きな取引 Haut Mission La Chateau [1987] シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン Brion ワイン】 【赤 [1987]-グラーヴ

わたしのすきなうた~唱歌集~
【入手困難!大人気!】Supreme (シュプリーム) CORDUROY CAMP CAP (コーデュロイ キャンプ キャップ) 帽子 メンズ レディース BLACK(ブラック)BOX LOGO SS18H90 BLACK ENDLESS TRIP エンドレストリップ



島内での移動手段はこちら